児童デイニュース8号
支援費による 特定非営利活動法人
尾張地域福祉を考える会まごころ
まごころ児童デイサービス事業所
電話0586-73-8707
2004年12月号
わくわく実験教室

わくわく実験教室はさわやか財団が進める事業で、理科の実験を地域の親と子どもで楽しみながら理解しようとするものです。

 今回はカリンバ指ピアノの製作をまごころふれあいまつりの中で実施しました。

 児童デイの子ども達と地域の子ども達とその家族のみなさんで楽しく学ぶことができました。

夕陽を浴びて

西の空に大きな太陽がゆっくりと沈んでいきます。言葉はいりませんでした。子どもたちは歓声をあげながら、雲の中に隠れ行く太陽をみつめていました。 

ふれあいまつりに参加して

お天気も良く、多くの方が参加してみえて驚きました。初めての参加でしたが子供(弟)も楽しんでいました。

 楽しそうだったのが、パイプの笛で上手に鳴らすのが難しい様でしたが今でも大切にしています。

 簡単な作りなのに一つ一つ音が違い、子供達は夢中になって吹いている姿にはやはり手作りのおもちゃはいいなァーと思いました。
        (家ではなかなか作ってやれなくてー)

・・・・  Tの母より

11月の遠足

11月27日、春に続いて2回目の中野の渡し船に乗りました。心配された雨も降らず、風もさほど強くなく、快適な船旅?でした。

 河川敷の樹木にはまだまだ緑がのこっており、木登り、土手の草すべり、ボール投げなど思いっきり遊ぶことができました。

         テントの中では合唱も始まり、おやつのみたらし、たこ焼きが届くころには、たいへん盛り上がっていました。

 春に較べると大変スムースに船の乗り降りが上手になりました。これも繰り返しのおかげでしょうか。また勉強になりました。 

12月の遠足は名古屋市東山動物園になりました。もっとまじかに動物を見たいと思っております。

 なぜなら、もっと動物を好きになって欲しいからです。

 まごころの前の公園の木々は今盛んに葉が落ちています。その葉を拾って、しおりを作りました。(13日)

 お気に入りの葉っぱと絵を書いたカードをはさんで、綺麗なしおりができました。

11月17日

 今日はホップコーン作りです。とうもろこしが次々にはぜて器械からあふれてきます。

 それを覗き込む子ども達は不思議そうな顔をしていました。ホットプレートによる方法では見られなかった光景でした。

 お味の方はどうだったのかな。 

 

これ、なんだと思いますか、キャタピラー車なんです。運転手はスタッフですけどね。
ご意見・ご感想 

受給者証の記載事項変更は必ず事業所までご連絡ください。

ご意見・ご感想 このニュースは児童デイサービスをご利用のご家族にデイの活動内容をお知らせするものであると同時にご家族からのご意見も紹介したいと考えております。さしつかえがなければ、ご意見・ご感想をお寄せ頂ければ幸いです。ここで紹介させていただきます。

お友達の誕生会では、遠慮がちに見ていた誕生ケーキのろうそく。今日はT君が主役なんだよ。思いっきり吹き消したね。それも3回もやったね。電気をつけたり、消したりしたんだよ。10歳のお誕生日本当におめでとう。
障害者用ボタン。あおなみ線にもこのボタンがありました。割り引き切符を窓口で並ばなくても購入出来るので大変便利です。

 先日、「東山動物園まで障害者用の切符はどこで買うのですか」と定期券売り場の女性に聞いたら、「知りません、駅員に聞いて下さい」と言われました。名古屋市営地下鉄にも障害者用ボタンがありますが、なぜ知らないのでしょうね。そこで言ってやりましたよ。「あなたはどこで買えるのかしらないのですか」ってね。