特定非営利活動法人

尾張地域福祉を考える会まごころ

まごころ児童デイサービス事業所

電話0586-73-8707

支援費による
児童デイニュース2号
2004年6月号
今日は楽しい誕生会です。7本の綺麗なロウソクに火がともりました。子ども達の小さな瞳が炎をみつめて います。突然Aさんがフーとロウソクの炎を吹き消しました。 だれもが、そうしたかったと思っていましたが、子どもは正直です。思ったたらすぐに実行したのですね。
まごころ児童デイサービスではうどん粉からうどんを作り食べましたおかわりしてくれました。おいしかった?
さあ、うどんを食べよう
うどん粉をこねます
うどんができます
プレスします

5月8日(土)手づくりうどんを食べました。おわんの中にはうどん粉と少々の水、そのおわんが一人、一人に配られました。こねこねとねんどの様にこねました。子どもたちがハンドルを回すと団子はプレスされて板状に、ギアを入れ替えるとうどん状に切断されて出来きました。さあ、これをゆでるとうどんです。

うどんができます
  細く切ります
木曽川緑地公園(羽島側)

5月22日(土) 今回の企画であらゆる方面から危険予知しておりましたが、ほとんどとり越し苦労に終りました。しかし、それは無事に帰れましたから言える事ですね。今回は全員にライフジャケットをつけてくれました。通常だとつけないようですが、職員の方々のご配慮でこのような格好になりました。B君についてはこのような異様な物をつけることでパニックになってしまいましたが、乗ってしまうと、静かに川面を眺めていました。安心感というものは何よりの特効薬のようです。また、C子さんについては好奇心が特効薬だったようです。舟に乗るなんて、初めての事なのに、「真っ先に乗り込んだなんて信じられない」とお母さんの感想でした。遠足に出かけると、子どもたちには期待・不安・開放感・恐怖心・安心感などが一度に訪れるようです。10人の子どもたちに10人のスタッフで対応しているのですが、それでもひとりひとりの症状の変化に応じて訓練するのは難しい。木曽川の水と緑の自然をお借りしてこそ可能かもしれない。 この日の子どもたちの笑顔はGood。

公園にて 公園にて 中野の渡し 中野の渡し
連絡事項

まごころ児童デイサービスでは、ふれあい広場の耐震改修工事の為、6月11日から7月9日まで下記の会場でデイサービスを実施いたします。

6月11日〜7月9日  真清田神社内開運殿

 ご協力お願い致します。

6月28日(月)、7月28日(水)はバス移動による外出をいたします。どうぞ、お楽しみに!!

遠足などにかける保険料は実費請求しておりません

六月の遠足(六月二十六日)

エアフロントオアシスに行きます。

エアフロントオアシスとは、名古屋空港脇にある公園で、飛んでる航空機を音と体と目で実感できます。

子ども達はどんな反応を示してくれるのでしょう。

ご意見・ご感想 このNEWSは児童デイサービスをご利用のご家族にデイの活動内容をお知らせするものであると同時にご家族からのご意見も紹介したいと考えております。さしつかえがなければ、ご意見・ご感想をお寄せ頂ければ幸いです。ここで紹介させていただきます。

支援費による、まごころ児童デイサービスは毎週月・水・金の3時〜7時と土曜日の10時〜5時で実施しております。

詳しくいお問い合わせは「まごころ事務局」まで、どうぞ